コレステロール

コレステロールとは、体内にある脂質の1種で、体にとっては必要不可欠な成分である。コレステロールは体を構成している細胞の膜を作ったり、副腎皮質ホルモン・性ホルモンの生成、脂肪の消化・吸収に欠かせない胆汁を作る為の材料になったりと大変重要な役割を担っているのだ。

さてこのコレステロール、生成場所は主に肝臓だ。肝臓で作られ血液と共に全身へと運ばれていく。しかしながら、必要不可欠なコレステロールでも血液中に増えすぎると血管壁に溜まってしまい動脈硬化を招いてしまうのである。

動脈硬化が進行してしまうと、狭心症や心筋梗塞・脳卒中などを併発しかねない生活習慣病の重要な原因になってしまうのだ。

かつて血液中のコレステロールは総コレステロールとしてまとめて測定されていたのだが、これが血液中に多い人ほど、動脈硬化が原因となる心臓発作・脳卒中などの病気にかかりやすいと分かり、血中コレステロールを減らすことが大切であると指導がなされるようになっていった。

その後研究が進み、コレステロールにもHDLやLDLといった種類があると分かるようになり、その種類別での測定も可能になっていった。

加えて、動脈硬化を進めるのがLDLコレステロールであるという事が判明し、同じコレステロールでもHDLの値が高い人は逆に動脈硬化による病気になりにくいという結果も明らかとなっている。

LDLコレステロールは肝臓で生成されたコレステロールを末梢に運ぶ働きを担っており、LDLコレステロールが多い場合余分なものは血管内に取り残され動脈硬化になっていく。

一方のHDLコレステロールは、末梢の余分なコレステロールを回収する働きを担っている為、これが多いと血管壁に溜まるコレステロールを回収し動脈硬化を防げているという事になる。

一口にコレステロールと言ってもすべてのコレステロールが病気の進行を進めているわけではないことがお分かり戴けただろう。

自分の身体は何の値が多く、どう改善していくのが正しいのか理解して、予防していってほしい。