子宮がんと卵巣がん

まず「子宮がん」である。

膣に出ている部分すなわち頸部にできる「子宮頸がん」と、子宮内部・内膜に発がんする「子宮体がん」に分けられている。

「子宮頸がん」に関しては、ヒトパピローマウイルスという性感染ウイルスが深くかかわっていることが知られており、予防接種も行われている。

子宮頸がんの発現ピークは50歳前後とされており、若い人にも多い病気である。成人を迎えると無料で健診を受けられるチケットを配布する市も多くあるので、ぜひ有効的に使っていただきたいものだ。

また、30歳以降は特に年に1回の検査をお勧めする。

検査内容は、子宮頸部を綿棒などでこすり細胞を採取し細胞診を行い異常がないかを調べる。異常が見つかった場合には、コルポスコープ診にかけ拡大したり、病理検査を行ったりして診断確定を行うのである。

一方子宮体がんであるが、こちらは60歳前後が発症のピークであるとされている。50歳を過ぎたら定期的な検診を受けておくといいだろう。

子宮体がんの検査方法は、子宮の中奥に器具を挿入し、子宮内膜を採取する必要がある。そして採取した細胞を顕微鏡にかけ、細胞診を行っていく。

さて、女性特有のもう一つ大きな病気。

「卵巣がん」である。卵巣はとても腫瘍ができやすい場所である。

その多くは良性なのだが、なかには悪性腫瘍つまり発がんしている腫瘍もあれば、その中間のものもある。体の奥深くにある器官という事もあり、発見が遅れてしまうことも少なくはない。

腹部が膨らむ・圧迫感を感じる・下腹部に痛みを感じる・不正出血があるなどの症状が現れた時点でかなり進行してしまっているケースもあるようだ。

妊娠・出産経験のない人、肉類・脂っこいものを好む人・糖尿病や高血圧・肥満傾向にある人に多発傾向があるようだ。

他にも家族性のものもある為、上記に該当する人・経過観察中の人・親族に卵巣がんの経験者がいる人は特に定期的な検診は非常に大切である。