ピロリ菌検査

ピロリ菌、正式名称をヘリコバクター・ピロリという。

らせん状の形が特徴で、胃の粘膜に住みつく菌である。

胃の中に入ってきた細菌というのは通常胃酸によって溶かされるものであるが、ピロリ菌の場合はピロリ菌自体が持っている酵素によって胃の中の尿素をアンモニアに変えてしまうのだ。そのアンモニアはアルカリ性のため、胃酸を中和してしまい、胃酸の殺菌効果を逃れてしまうのである。

さてこのピロリ菌、胃炎や胃・十二指腸潰瘍、胃がんといった病気を招く要因の一つであるとされている。

その中でも特に潰瘍の重要な原因となっていることが明らかになっている。胃・十二指腸潰瘍を何度も再発してしまう人に対して、薬を投与することでピロリ菌の殺菌が出来、その9割が再発しなくなったという調査結果も上がっている。

しかしながら、ピロリ菌のみが要因という訳ではなく、検査で陰性反応だったにも関わらず潰瘍を発症してしまう場合や逆の場合もあるようだ。ストレス・暴飲暴食・体質・喫煙といった別の素因も関係していると考えられている。

そこでピロリ菌検査を行い、潰瘍を繰り返している人の原因にピロリ菌が関与しているのか否かを調べていくのである。

ここで感染が確認できると、ピロリ菌の関与が濃厚になってくるというわけだ。

ピロリ菌検査はいくつか方法があり、尿素の入ったカプセルを服用することでピロリ菌を見つけ出す「尿素呼気検査」・血液を採取することで血中のピロリ菌に対する抗体を調べる「血中抗ヘリコバクター・ピロリlgG抗体」・採取した便から調べる「便中ヘリコバクター・ピロリ抗原」・そして内視鏡検査。

これらの検査から陽性反応が出た際は、主治医の指示に従い、治療を受けることが大切である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です