便潜血検査

便潜血検査とは、大便を採取することで血が混じっていないかどうかを調べる検査である。肉眼では判別できない便の中に混じっている血液(=潜血)に対して試薬を用いることで検査していくのだ。

消化器にがんや潰瘍などの病気があった場合、出血を起こし便の中に血液が混じっていることがしばしばあるのだ。それを利用して病気の発見に用いるのが便潜血検査なのである。

特に、大腸がん・その前駆症状の大腸ポリープを見つける為にも重要な検査だ。

月経中や痔出血のある方は、どの出血が混じることもある為、その点は注意が必要だといえるだろう。

この検査より異常があった場合、消化器からの出血があり、何らかの病気が疑われる。かつては、食事に含まれる肉・魚の血液が出血と同様に反応してしまう為、検査前の食事制限があった。

しかし医療技術が進化したことで「免疫法」が編み出された。

人間のヘモグロビンのみに結びつく抗体を用いる検査になったことで、食べたものに含まれる血液は反応しなくなったのだ。よって現在は食事制限なく検査を受けることが出来るようになった。

しかしながら、出血が胃・食道からだった場合、胃酸によってヘモグロビンが変成されてしまい検査結果が陰性になってしまうことがあるのだ。

従って上部消化管からの出血を見つけるには、この検査だけでは不十分だといえるだろう。この検査は大腸などの下部消化管の出血・病気発見に適しているのだ。精密検査を受け異常なしと診断されたとしても、それ以上の取り越し苦労のないようにするべきだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です