寄生虫による感染症を診断する

寄生虫というのは、衛生環境の改善が進み、日本で感染するというのは極めて少ないと言われています。ただ、海外へ行ったりすると感染する機会はあるそうです。さらに生野菜を摂取したりペットから感染するということもあるそうです。基準値は陰性だそうです。要するに検出されないということだそです。陽性のときのおもな病気は寄生虫感染症となるそうです。症状から寄生虫感染を疑われたら、便を検体として虫卵検査をすることが重要だそうです。寄生虫感染症というのは、線虫類、条虫類、吸虫類に大きく分類することができるそうです。線虫類というのは、回虫、鉤虫、蟯虫などです。条虫類というのは、広節裂頭条虫などだそうです。吸虫類は肺吸虫、横川吸虫などだそうです。寄生虫が体内に入り込むと、胃や腸などの臓器で繁殖するそうです。寄生虫の一部や卵が便にまじって排出されるそうです。便を採取したら顕微鏡で調べるそうです。蟯虫の虫卵検出には、蟯虫が肛門周囲に産卵するそうで、特殊なセロハンテープによる肛門検査を施行するそうです。ひとつでも虫卵が検出されたら異常だそうです。検出されたら虫卵を産む寄生虫の感染症を疑って対処するとなるそうです。検査オーダーをおこなった医師や検査室の人には、注意点の確認はとても重要となるそうです。とくに便検体が乾燥しないようするのは大切だそうです。虫卵検査には、偽陽性と偽陰性が多いそうです。偽陽性になるのは、虫卵の誤認が主な理由だそうです。偽陰性になるのは、虫卵が少ない場合や当該寄生虫の特性に依存する場合が多いとされているそうです。虫卵検査そのものの有効性が低いものとして寄生虫の寄生部位が消化器以外の臓器が上げられるそうです。とはいえどのような場合でも病歴・病状とあわせて、総合的な判断が必要だそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です