風疹や麻疹に免疫があるか

風疹、いわゆる三日ばしかに対して免疫を持っているかどうか調べるのが、風疹ウィルス抗体、麻疹ウィルス抗体を調べる検査だそうです。風疹というのは一度かかると一生免疫が得られるそうです。幼児や学童が多くの場合、かかるかと思います。大人がかかることもあるそうです。風疹ウィルスというのは、トガウイルス科に属しているそうで、ヒトからヒトへの飛沫感染によって感染するそうです。風疹のHI抗体価が8倍未満では、風疹に対して免疫がないと判定されるそうです。女性では妊娠していいないときにワクチンの接種を受ける必要があるそうです。8〜128倍では小児期に風疹に感染して免疫を得ている状態だそうです。256倍以上だと最近風疹にかかったということがわかるそうです。風疹ウィルス抗体は基準値では陰性だそうです。基準値を外れると風疹と診断されるそうです。風疹にかかると急な発熱が起こり、それとともに細かい発疹が全身に出て、首や耳の後ろのリンパ節がはれるという症状が現れるそうです。病気そのものは悪性ではないそうです。ただ、妊娠初期の女性が風疹にかかると、障害のある子どもが生まれてくる可能性があるそうです。このため、風疹に対して免疫がないのならば、風疹ワクチンの予防接種が必要となるそうです。麻疹というのははしかのことですが、はしかに対して免疫を持っているかどうか調べるのが、麻疹ウィルス抗体の検査だそうです。1970年以来、ワクチンの接種が義務付けられるようになってから、我が国でははしかにかかる人は減少したそうです。ただ、予防接種を受けていても、成人した人がかかったりするこもあるそうです。麻疹ウィルスはおもに飛沫感染だそうです。感染力は非常に強いそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です