尿ケトン体

まずケトン体とは何なのかお話ししようと思います。ケトン体というのは、肝臓で脂肪酸から作り出される物質の総称です。もう少し具体的にはアセトンとアセト酢酸とβヒドロキシ酢酸をあわせたものを言います。そして、尿中で検出されるケトン体のことを尿ケトン体と言います。ブドウ糖の供給が不十分な飢餓や糖代謝に異常がある場合には、肝臓での産生が増加します。これで過剰に産生されてしまうと、尿中に排せつされるというわけです。この尿ケトン体は、インスリン作用の低下によって糖代謝の異常が生じている事を意味します。ケトアシドーシスや飢餓・感染症などで糖代謝に異常がある際には、病態や治療の目安となってきます。ケトン体というのはそもそも不安定な物質になります。ですので、採尿後は早めの測定が必要だと言えます。また、抗生物質を服用している場合に偽陽性を示す事があるというのも留意しておくべきでしょう。異常値で且つ高血糖を伴う場合、糖尿病性ケトアシドーシスなどの糖代謝異常が疑われます。そのような時には、血液ガスやカリウムなどの血清電解質を測定し、治療を行っていきます。尿ケトン体が陽性となる病気や病態を検索し、それぞれに応じた治療を行う事となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です