骨髄検査について

骨髄で、すべての血球は産生されるそうです。
血球の異常が認められる場合は、骨髄を調べることでその原因に関する重要な情報が得られるそうです。
検査は、腰の骨または胸の骨に麻酔をしたあとに、針を差し、骨髄の液の一部を吸引するそうです。
これを骨髄穿刺と呼ぶそうです。骨髄検査としては一般的な手技だそうです。
かつては、胸に針を刺すのが主だったそうですが、現在は腰で行うことが多くなったそうです。
やや太めの針で骨髄組織の一部を取る場合もあるそうです。これを骨髄生検と呼ぶそうです。この骨髄生検は腰の骨でおこなうことがほとんどだそうです。
いずれの場合も、血液学や病理学の専門家が、作製された標本を顕微鏡で観察するそうです。
必要に応じて、染色体検査、遺伝子検査、細胞表面のタンパク質の分析などいくつかの特殊な検査をおこなうそうです。
赤血球、白血球、血小板の異常を認めた場合、その原因を明らかにするために骨髄検査を行う場合があるそうです。
骨髄へガンが移転しているかどうかを調べるためにも行うそうです。
事前に担当医から説明を聞いて、検査の目的、具体的手技について理解して、納得した上で受けることが望まれるそうです。
骨髄の液を取るための針を刺す際、皮膚や骨に痛みが生じるそうです。そのため、あらかじめ細い針で局所麻酔をするそうです。
ごくまれに合併症が起こることがあるそうです。
皮膚の下に血液の塊ができることもあるそうです。
局所麻酔のための薬にアレルギー反応が起こることもあるそうです。
過去に麻酔によるアレルギー反応があったときは、必ず事前に担当医に知らせなければならないそうです。
病気が見つかった場合は、どのような病気かどうかで対処は大きく違うそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です