皮膚反応テスト

皮膚を使ったアレルギー検査で、主に「皮内テスト」「スクラッチテスト」「パッチテスト」の3つです。「皮内テスト」ではアレルギーの中心となりうるアレルゲン(抗原)の液を直接皮内に細い針を注射してアレルギー反応を見る検査です。「スクラッチテスト」では、背中や腕の皮膚に注射針などでひっかき傷を作り、底にアレルゲン液を皮膚上に一滴垂らしてアレルギー反応を見るというものです。「パッチテスト」は、背中などにアレルゲン試料を貼り付けたのちアレルギー反応を見るというものになります。いずれも、陽性だと発赤や膨疹などの反応が認められ、その症状を引き起こした物質がアレルゲンである可能性が高いと診断されます。抗生物質等の使用の際、事前に皮内テストなどで過敏症がないか等をチェックします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です