白血球に関わる検査

白血球は好中球・好酸球・好塩基球・リンパ球・単球の5種類の物質から構成されています。この白血球の数を確認して、異常があった場合、どの種類が白血球が主に増減しているのかを調べるのが、白血球分画検査になります。

白血球は、身体に侵入した細菌等の病原体や異物を取り込み、消化・分解します。加えて、免疫・アレルギー反応にも関与しています。このように、白血球の増減は、感染・炎症の有無を知る指標となります。

血液の病気は、前述したような原因とは無関係に白血球が増加したり減少したりします。

児童血球計測器で短時間で且つ正確に測定する事も可能ではありますが、異常な白血球の観察には今でも専門の技師や医師による顕微鏡による観察が必須となっています。