腫瘍マーカー

体内にがんができると、健康な時にはほとんど見られない特殊なたんぱくや酵素・ホルモンなどが尿や血液や体液中に増えるという現象が起きたりします。がん細胞が作り出す、若しくはがん細胞に反応することで生じる物質です。本検査、腫瘍マーカーという検査は、これらの特殊なたんぱくや酵素・ホルモンなどを測定する事で、がんの存在や量を示す指標になります。いうなれば、がんを発見する際の手がかりとなる検査です。腫瘍マーカーは、疫学や血清学の研究が進み、また近年ではバイオテクノロジーノ発展もあり種類は増えてきました。数十種類もある腫瘍マーカーの中には決まった臓器のがんに反応するものもあれば、いくつかの臓器のがんに反応するものもあります。一般に腫瘍マーカーの値が高ければ高い程、血中に腫瘍細胞が出現しているという事、つまりはがんが存在していて、他の臓器に転移している可能性も高いと考えられます。