ロキソプロフェンとアセトアミノフェン

ロキソプロフェンとアセトアミノフェンはいずれも熱や痛みを和らげる効果がある解熱鎮痛薬です。ロキソプロフェンの方が鎮痛効果が強力で、炎症を抑える効果もありますが、インフルエンザの際に小児や妊婦に対してはより安全に使用できるカロナールを選ぶのが一般的です。また、ロキソプロフェンは胃粘膜障害を起こしやすく、アセトアミノフェンは肝臓に負担をかけやすいという傾向があるため、患者さんの体質によって薬を使い分ける必要があることも、薬剤師としては知っておくと良いでしょう。ロキソプロフェンやジクロフェナクなどのNSAIDsと比較すると、アセトアミノフェンの鎮痛効果は緩やかです。また、アセトアミノフェンには抗炎症効果はほとんどありません。従ってアセトアミノフェンでは痛みが治まらない場合や炎症を抑える必要がある場合には一般的にロキソプロフェンを使われています。ロキソプロフェンは、シクロオキシゲナーゼ(COX)を阻害し、痛みや炎症、発熱の原因となるプロスタグランジンを減少させることで効果を発揮します。一方でアセトアミノフェンにはこのCOX阻害作用はほとんどなく、中枢に作用して痛みや発熱に効果を示します。